安田のシヌグ-2007年の図録および東シナ海文化からの小考


1  はじめに-シヌグの性格は蜡祭


大きな地図で見る
 2007年8月18日から24日まで沖縄県国頭村くにがみそん安田あだに滞在した。この間、21日と22日の二日間、旧暦7月の行事シヌグを見学した。以下は基本的にはノートを補うための図録である。
 シヌグについてはすでに少なくない論著があり、細部についても知り尽くされている。それゆえ、今さら新たに付け加える点もなさそうである。しかし、この祭祀の全体の性格を把握するという点ではまだ不十分だとおもう。
 そこで図録にはいる前に、わたしの視点を少々述べておきたい。

 シヌグへの視点  安田ではシヌグ行事をウフシヌグとシヌグンクァーに分けて隔年におこなっている。ウフは「大」、クァーは「小」である。ウフシヌグは以前は三日間おこなっていた(宮城鉄行『安田の歴史とシヌグ祭り』、未来工房、1993年)。しかし、現在は初亥の日から二日間おこなう。

 ウフシヌグ  2007年はウフシヌグの年であった。天候にもめぐまれて二日間の行事はなかなか盛り上がりをみせた。ウフシヌグのときは男たちが三方の山に登り、神となって下りてくる。そして、これを神として迎える女性や老人と交歓し、次に田畑を祓い浄める。また要請のあった特定の家をも浄める。こうした行事があるため、とくによく知られている。
 シヌグ行事は沖縄全体の祭祀のなかでも名高い。しかし、それでいて、この行事の性格が今ひとつ明確でなかった。シヌグという名称からして定説はない。また山から下りてくる男たちの祓いの仕種とそののちの農耕予祝の諸芸能が全体として何を意味しているのかについて、十分に説き切れていない。

 蜡祭からみる  こんななか、東シナ海周辺の祭祀芸能という観点からみなおしてみた。村や家の災厄を払うこと、村落内の各家いえの祖先が戻ってくること、そして、きたる年の豊作祈願のために農作(稲作)の過程を演じ、皆で踊ることなど、こうした要素を全体として説明できるのは古代中国の年末の蜡祭である。それは農耕の感謝祭を中核とした年末のあそびで、後世には複雑に分化していった。この蜡祭については最後に「3. 小考」として改めて述べる。
 中国において蜡祭そのものはすでに失せてしまった。またその系譜に連なる農耕感謝の祭祀もあまり顕著ではない。しかし、中国の江南では年末に謝年ということをしていた。これは蜡祭の変容したものである。
 そして、また蜡(漢代以降は臘ともいう)は儺とも結びついて複雑なかたちを取った。いわゆる儺戯(儺のあそび)は年末から年初に時期を移して中国各地でさかんにおこなわれている。
 東アジアにおける、こうした民俗の歴史に照らし合わせるとき、シヌグは年の切り替わり時の蜡祭の系譜に連なるものといえる。このように位置づけるとき、沖縄県安田のシヌグは一層、興味深いものとなる。何しろ、東シナ海周辺地域において、こうした原初的かつ複合的な農耕祭祀をおこなうところは今日残されていないからである。

1 2 3 4