沖縄のウンジャミ ― 1996年の図録および蜡祭からの小考


1. はじめに

 1996年8月28日から9月3日まで沖縄本島に滞在した。この間、8月30日に塩屋、比地・奥間ではじめてウンジャミ(海神祭)をみた。そのとき、神女らが海、山の神に成り代わりユー(豊饒)を招くことと同時に、猪狩りの演戯と鼠を流すことがとくに印象に残った。
 
 鼠を流すことと豊作  しかし、猪狩りはともかく、それと鼠を流すことの両者にどのような結びつきがあるのかは不明確であった。農作物にとっての外敵ということは感じられるが、それにしてもなぜ、鼠を流すと豊作が期待されるのか。
 これは長らく疑問のままであった。しかし、東シナ海をみわたすことによってこの疑問は解くことができる。すなわち中国において古来、年末には農耕感謝祭としての蜡祭をおこない、虎と猫の神が招かれたこと、それは、それぞれ猪と鼠を追いやるからと明確に語られていたこと(『礼記』郊特牲) を踏まえると、沖縄のウンジャミ祭祀はこの文化的な系譜の上にあるということが知られる(ウェブサイト「安田のシヌグ」の小考参照)。

 二、三千年前の伝承の反復  つまりウンジャミでは東アジアで二、三千年前にすでに語られいたことが伝承されていたのである。いうまでもなく、鼠を流すことと豊作のあいだに現実の科学的な根拠があるわけではない。猪と鼠が等価であるということもまた確たる根拠があるわけではない。にもかかわらず、沖縄では毎年、年の変わり目(折目、ウィミ)に猪と鼠を追いやり、豊作を祈念した。それはただ、そのようなものとして信じられてきたからやるのである。おそらく、それ以外に説明の原理はないだろう。
 沖縄のウンジャミでは海神が中心となる。それは東シナ海上の島嶼という環境がもたらしたものであり、当然であろう。ただし、海神が主神として招かれてはいても、農耕を中心とした祭祀であることは確かである。そして農作物の収穫を感謝する祭祀に海上からのサチ(ユー、世)の到来、航海を通した交易による繁栄、豊漁などを祈願する祭祀が付け加わった。

 蜡祭からみたウンジャミ  さらに、ウンジャミにはシヌグという災厄祓いを中心とした祭祀が付け加わった。それもまた古代中国の蜡祭に関連して説明することができる(ウェブサイト「安田のシヌグ」の小考参照)。

 ウンジャミからみた蜡祭  東シナ海地域における蜡祭という視点を採れば、シヌグとウンジャミを一連のものとして視野におさめることができる。そして、ウンジャミの側から古代の蜡祭をみなおすとき、その中心には巫がいただろうことが推測される。『礼記』ではすでに天子の主宰する祭儀となっていたが、はじめは巫のやるものだったのだろう。
 これらのことについては小考のところで、もう一度述べることにする。

1 2 3 4